医師一家の生前対策

homeへ戻る
13のテクニック

時流を読んで経営方針を検討する

医師は収入が高いため、老後も安泰のように見えます。 しかし、最近の医療制度の改革に伴い、医師の懐事情にも大きな影響が出ているようです。

在宅医療が中心となった医療スタイル、予防医療の推進など、日本の医療制度は転換を続けています。
このように変化していく医療制度の中で、クリニック経営者たちも、今後のクリニックの方針や自身の人生設計を考え直す必要があります。
医療制度の改革に乗り遅れることのないよう、常に先を見た施策を施すようにしてください。
まずは、医療形態の見直しから始めてみましょう。
超高齢社会における医療制度改革の影響もあり、在宅医療を求める人が多くなっています。
そのため、これからのお医者さんは、クリニックでの医療から在宅医療へといった、医療形態のシフト変更が必要です。
政府高齢者の増加に伴い、施設から在宅へという医療体制の変換、在宅介護の推進を打ち出しています。
お年寄りの中には、自宅で人生の最期を迎えたい人も増えています。

在宅医療については一例に過ぎませんが、そのような需要をいち早くキャッチし、医療方針の転換を検討することが大切です。
政府の方針を確認しながら、今後の方針を検討しましょう。

13の相続対策チェックシート 無料ダウンロードPDF

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top