医師一家の生前対策

homeへ戻る
13のテクニック

老後に備えた資産形成は
早期から準備する

医師には勤務医と開業医があり、それぞれ働き方や年収が異なります。

かつて医師は、サラリーマンよりも収入が多く、定年がないため、将来安泰な仕事とされていました。
しかし、時代は変わり、医師にとって厳しい時代へと変わっていきます。
税制改革の施行による富裕層に対する増税、さらに2025年問題に向けた医療制度改正など、さまざま要因によって医師の収入の減少が予測されています。
勤務医はもちろんのこと、開業医もまた同じです。
かつてのように将来が保障された生活ではなく、充実した生活を望むのであれば自分で努力することが求められます。
リタイアした後でも、お金に苦労せず楽しく生活していくには、資産形成が必要になります。
診療を始め、医院経営、学会へ向けた研究など、毎日多忙な日々を送っている医師にとって、資産形成にじっくり時間をかける余裕はないのかもしれません。
しかし、誰にでも老後は必ずやってきますので、早い段階からのアプローチが大切です。
そのため、毎日多忙な医師でも投資、節税、投資、貯蓄など、あらゆる方法を検討しておく必要があるのです。

13の相続対策チェックシート 無料ダウンロードPDF

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top