医師一家の生前対策

homeへ戻る
13のテクニック

第二の人生を左右する資産形成

会社を定年退職した後、そこから第二の人生が始まります。
近年は平均寿命が延びていますので、いかに第二の人生を充実したものにできるかどうかが大切になります。
医師の中には、勤務医の方もいれば開業医の方もいますので、それぞれリタイアする時期は異なりますが、リタイアした後の人生を充実したものにするには、早い段階からの資産形成が重要です。

人によって仕事をリタイアする時期は異なりますが、その後の人生の過ごし方が大切です。
現役時代の時にはできなかったこと、例えば旅行や趣味などの予定を立てている方も多いのではないでしょうか。
第二の人生をいかに充実したものにできるかどうかは、資産形成の有無がカギを握ります。
きちんとした資産形成ができていれば、第二の人生も充実したものになるでしょう。
60歳で現役を引退する場合、そのタイミングまでに金融資産を蓄えておかないと老後の生活がままならなくなります。
年金は将来どうなるか分かりません。
支給額の減少、支給開始年齢の引き上げなど、さまざまなことが予想されます。
早い段階からの資産形成が求められます。

退職した後の生活を左右する資産形成。
一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

13の相続対策チェックシート 無料ダウンロードPDF

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top