医師一家の生前対策

homeへ戻る
円満相続のために

安定した老後を送るために必要な
将来設計とは

「老後」――まだまだ先だと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、老後について考えるのに、遅すぎるということはありません。
本記事では、将来設計について考えてみましょう。

若いうちから将来設計を考える

 最近は「老後破産」や「漂流老人」など、あまり喜べない話題が増えています。 日本はいまや超高齢社会を迎えていますので、これからまだまだお年寄りの数は増えていきます。 会社を退職した後の長い第二の人生を、いかに有意義に過ごせるかが大きなポイントになります。 中には生涯医師として頑張る方もいるかもしれませんが、どこかでケジメをつけるのも大切です。 そのためには、若い時からしっかり資産形成をしておくことが大切です。 将来貧乏なお医者さんにならないためには、勤務先の病院に頼ることなく、自分自身で資産を増やしていく行動が求められます。 資産形成の方法も色々とありますので、その中から自分に合ったものを選択する必要があります。 病院を辞めた後の老後をいかに楽しく暮らすことができるか、それはすべて自分自身にかかっています。 十分な資産があれば、病院を辞めた後でも楽しい生活ができます。

 若いときから準備するに越したことはありませんが、年を取ってからでもできるものがあります。 これから資産形成を始める方にオススメしたいのが、不動産投資です。 不動産投資であれば小資本からでもスタートでき、また将来継続して行えるのが特徴です。 自分が購入したマンションやアパートに多くの方が入居すれば、将来に渡って家賃収入を受け取ることができます。

 マンションやアパートは価格が高いので、自分には無理だと思っている方もいるかもしれませんが、少額の資本からスタートできるケースもあります。 将来の生活に不安を覚えているお医者さんは、検討してみるのもいいかもしれません。

目標を定めてから行動に移す

賢く資産形成を行うには、まず目標を定めることが大切です。 目標が定まらないと、資産形成を行う効果的な行動ができないからです。

 お医者さんの中には、一般的なサラリーマンと比べ年収が高い人も少なくありません。 その現状を認識した上で、将来どの程度の資産形成を目指すのか目標を定めてください。 明確な目標が定まれば、その後の行動もできます。 将来自分がどのように動いていけば良いのか、その全貌が見えてきます。

 今後入ってくる収入だけで生活できるのであれば、そのまま貯金をすればいいでしょう。 貯金をしても足りないのであれば、もう少し増やすことを考えます。

 増やすことを考えたときに選択肢に挙げられるのが、上記で紹介した不動産投資です。 不動産投資を行えば将来足りない分を補填できますので、充実した生活が可能になります。 不動産投資はいつからでもできますので、若いときからスタートするのもいいでしょう。 余裕がなければ、給料がある程度上がった後に始めても構いません。

 自分の老後を豊かなものにするため、模索している方もいるでしょう

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top