医師一家の生前対策

homeへ戻る
円満相続のために

節税対策を講じる前に知っておきたい相続税の基本

遺族が遺産を相続する場合にかかるのが相続税です。
実際に相続する遺産の額によって支払う額は異なりますが、場合によっては高額になることもあります。

亡くなった人から財産などを相続した場合、必要になってくるのが相続税です。
相続を行った財産に対して、法律で規定された税金を支払わないと脱税行為になります。
実際に支払う額は一人一人異なりますが、個人の財産の程度によって支払い額は変わります。

相続財産に含まれるものとしては、土地や建物、生命保険、貴金属、家具、自動車、ゴルフの会員権などがあります。
これらがプラスの相続財産です。
対して、マイナスの相続財産もあります。
これは、未払いの所得税などです。

相続に対しては事前に節税対策を行い、支払い額を少なくすることが大切です。
節税対策の第一歩として、プラスの相続財産とマイナスの相続財産、それぞれどんなものがあるのかを確認しましょう。

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top