医師一家の生前対策

homeへ戻る
相続破産の危機

クリニックを存続させる意義とは

 開業医の中には、将来のクリニックの存続を気にしている方もいるでしょう。
クリニックを将来どうするのか、存続させるのかそれとも廃止するのか、とても大切な事項です。

 クリニックを廃業することなくそのまま継続させたい場合、個人診療所、医療法人によって承継の形態は異なりますが、親族への承継や第三者への譲渡などが考えられます。 ここでは、クリニックを存続させることの意義を紹介します。

 クリニックを存続させるため、親族や第三者に承継する場合があります。
外来患者数がある程度多いクリニックであれば、新規にクリニックを開業する場合と比べ、患者の確保も早くでき、経営安定化につながります。
またクリニック承継の条件によっては、初期投資の低減や準備期間の短縮化もできます。
現在の経営者は患者やスタッフをそのまま承継してもらえ、土地や建物など賃貸、売却することで、引退後の資産形成の充実を図れるのです。

 クリニックを存続させることは、地域の住民にも大きなメリットがあります。
今までの経営者がその地域で提供してきた医療がそのまま継続されますので、地域住民も安心して治療を受けることができるでしょう。
地域住民にとっては、何ごとにも代えることのできない安心感を得ることができます。 しかし現経営者と後継者の間で見解の相違があると、その後トラブルが発生することもありますので注意が必要です。

_

 医師がクリニックを存続させるためには、さまざまな手続きが必要です。
手続きをスムーズに進めるためにも、事前にきちんと対策を講じておくことが大切です。
不明な点は専門家に相談するなどして、準備をしてください。

金融のトータルサポートを目指すフィナンシャルデザインはこちら

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top