医師一家の生前対策

homeへ戻る
相続破産の危機

クリニックが生き残るための後継者確保とは

 生き残りをかけ、集患施策を模索している病院・クリニックは多いでしょう。 本コラムでは、これからの競争に打ち勝つための方法をひとつ、ご紹介します。

 それは、優秀な後継者を確保することです。
クリニックを将来に渡って存続させるには、経営を受け継いでくれる信頼できる人物が必要です。
クリニック事業を承継してくれる人がいるかどうか、これからの生き残りの大切な要素になってきます。
過疎地にあるクリニックであればまだしも、都市部のクリニックにも本当に事業承継の心配が必要なのかと疑問に感じる人もいるでしょう。
しかし実際は、残念ながらそのような傾向があるのです。
経営と聞くとハードルが高く、敬遠してしまうのかもしれません。

 クリニックの事業を承継してくれる人がいなければ、経営者は病院を閉じるか、または第三者承継をするしか選択肢がなくなります。

 クリニックを存続するには優秀な継続者が必要ですが、後を継いでくれる人がいなければ第三者に継いでもらうことになります。
最近はクリニックの事業承継を行ってくれる専門機関もありますので、クリニック側の選択肢も増えています。

 現在のクリニックは単なる量の問題ではなく、バランスが重要になっています。
要するに、一般的な企業と同じように質の評価が大切になるのです。
いかに患者さんのニーズを捉えることができるか、そしてそのニーズに合ったサービスを提供できるかどうかです。
第三者承継を専門に行っている専門機関であれば、そのような患者さんのニーズに合ったサービスを提供してくれます。
クリニックの事業を承継してくれる方がいない場合、第三者承継を選択肢の一つに入れてみるのも良いかもしれません。

 クリニック経営を行う医師にとって、大きな問題は後継者問題です。
クリニック事業を承継してくれる人がいれば問題ありませんが、継いでくれる人がいない場合は第三者承継も選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

金融のトータルサポートを目指すフィナンシャルデザインはこちら

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top