医師一家の生前対策

homeへ戻る
円満相続のために

医業承継は、呼吸の合った親子のバトンパスで

従業員も患者も安心できる……目指すは、後継者への切れ目のない引き渡し

 病院の承継で代替わりするときは、シームレスな引き継ぎをしていただきたいものです。「今日、子に承継して明日から自分は病院に来ない」というのでは、後継者も不安ですし、従業員や患者も戸惑ってしまいます。その不安や戸惑いは必ず経営の不安定となって現れます。

 陸上のリレーのバトンパスのときには、走者のスピードを落とさないようにバトンゾーンがあります。バトンゾーンでは前走者も次走者も一緒に走りながら、タイミングを合わせてバトンを受け渡しします。

 病院の承継でも、ぜひ引き継ぎの期間を設けて、経営力を落とすことなく確実にバトンパスをしていただきたいのです。

 一般に事業承継には5〜10年の時間が必要といわれています。病院の規模や経営状況などにもよりますが、後継者選び、育成、後継者を中心とした新しい組織の体制づくりなどをするのに早くても5年ほどかかります。これに加えて入念な税金対策、資産移転などをしようと思うと、10年くらいはかかってしまいます。

 5〜10年のスパンで承継の準備をしてください。そして、実際の診療もしばらくは親子で行うことをおすすめします。親は毎日病院に来なくても構いません。最初は2日に1日、後継者が慣れてきたら3日に1日、週1日……というように、少しずつ病院に来る日や時間を減らしていき、緩やかにフェードアウトしていくのが理想です。「気づいたら、前院長がいなくても大丈夫になっていた」と後継者や従業員たちが言うくらい、自然な形で承継ができるといいでしょう。

お客様の家族のように寄り添い相続の問題を解決します

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top