医師一家の生前対策

homeへ戻る
円満相続のために

相続パートナーとの上手な関係づくりで円満相続へ

良いパートナーは自然と心の扉を開いてくれるもの。そのときは包みかくさず……

 かかりつけ医は患者本人より患者の身体のことをよく知っています。それと同じくらい、相続のパートナーはあなたの一家の内情を把握してくれている存在でなくてはなりません。そのためには、自分たち家族のことをパートナーにはオープンにすべきです。

 ただ、信頼関係もないのに最初から重大な個人情報を明かしてしまっては、危機管理も何もあったものではありません。

 パートナーとの関係づくりは、やはり時間をかけて少しずつ築いていかなければならないでしょう。何度も話をし、顔を合わせるなかでお互いの性格や考え方、ビジョンなどを知り、「この人なら大丈夫」という信頼を築いていかなければならないと思います。最初から全部の情報をオープンにするのではなく、必要な場面で必要な情報を出していくことです。そして、いよいよ「この人なら味方になってくれる」と思ったら、今度は何も隠すことなく正直にすべてをオープンにします。

 良いパートナーというのは、無理やり閉じた扉をこじ開けるようなことはしません。依頼者が自然と心の扉を開いて話したくなる、小さなことでも相談したくなるような関係づくりをパートナーの側からしてくれるものです。「気づいたら何でも話せる相手になっていた」というくらい、無理なく傍に寄り添ってくれるはずです。

 そんな〝一生の付き合いのできる相手〟〝家族ぐるみで付き合える相手〟と出会い、関係を築いて行っていただきたいと思います。

お客様の家族のように寄り添い相続の問題を解決します

キーワードで検索

ex) 医師、相続、資産、テクニック、フィナンシャル

Page Top